L/C試行

1997年のL/Cカー登場に先立って、2610系2621FをL/Cカーに改造して試行運用が実施されていました。

240518_01-2610-2621.jpg
 >> 【1997年1月29日 中川~桃園 2621Fほか】

写真は試行運用中の2621Fですが、ロゴマークも何もないので外観上は全く分かりませんね。

失敗作ではあるものの

親ページ特集に関連して44年前の失敗作を1枚。

240511_01-11400-11505.jpg

もはや手前の雑草を撮っているようなものですね。

しかし、これでも11400系11410Fのク11505って分かるんですよね。
車両個体差のある時代が懐かしい。

記憶の旧型車

先日ある書籍を探していた時に偶々見つけた写真集があります。
モデル8から出版されている「近鉄南大阪線の釣掛車輛たち」、既に2020年に発刊されていたのですが、ノーチェックでした。

240506_01-model8.JPG

元々南大阪線沿線住人だった私ですが、釣掛車というとはっきりと記憶にあるのは1983年まで活躍していた6411形なのですが、1974年当時に沿線にやって来た時に辛うじて活躍していた旧6600形や旧6500形は1年もしない内に姿を消してしまったので、車両詳細はその時の記憶にしか残っていないものとなっていました。

当時は友達と旧型車の事を「ボロ電」と呼んでいたのですが、その記憶としては...

①電車通学だった朝、いつも乗っていたのは車番が6511か6512でお茶碗を裏返した様なベンチレータと縦に桟が入った側窓、やけに小さく感じた前面Hゴム支持の窓、橿原神宮前駅到着前のポイントでの横揺れが強烈だった。

②車番66××のボロ電(旧6600形の事)、乗降扉窓に縦桟があった車両に1回だけ乗ったことがある。吉野側に連結されていたので恐らく70番台以降のTc車であろう。

③学校の帰りに乗った御所行き普通が何度かボロ電で車番は6683であった。因みに阿倍野側には6411形が連結されていたのを憶えている。ボロ電なのに車内の壁材は明るい色のものになっていた。
...前面窓左右の大きさが違っていた(運転席側が小さい)→ 米俳優のピーターフォークの特徴?と似ていたのでコロンボと呼んでいた。
姿を見なくなる前のしばらくの間、道明寺駅構内留置線の端っこに1両だけポツリと留置されていた。

というくらいでしょうか。

これら小学校低学年時代の記憶をもとに17、8年前に絵で表現しようと鉛筆で適当にデッサンし、その愚作を親HPで公開するといった大胆な(恥ずかしい)ことを企画したことがあるのですが、そこには6683のテーマに入れていました。

過去ある数々の書籍には当然当時の旧型車の写真が掲載されているものは少なくないのですが、ピンポイントの車番を見つけ出すことはできず、悶々としていたのも事実ですが、今回見つけた前述の写真集にはこれらがほぼ網羅されていたのには驚いたのと同時に記憶も結構曖昧なとこがあることを実感しました。
記憶で描いたク6683と実車の違いはこんなところ↓でしょうか...

240506_02-nise6600-6683.JPG

恥ずかしいのでここだけリンク貼っておきます。
「記憶のスクリーン」

つどい3色変化

「つどい」変化。

240504_01-2014_12338.JPG
 >> 【2017年8月4日 橿原神宮前 2014F/12238F】

240504_02-2014_30252.jpg
 >> 【2023年2月10日 橿原神宮前 2014F/30202F】

240504_03-2014_12511.jpg
 >> 【2024年4月26日 橿原神宮前 2014F/12411F】

まさかこの後に

昨日は26日で天理臨の日、久しぶりにそれらを撮影しようと朝から出かけていました。
朝、菖蒲池駅で記録した区間準急の5804F

240427_01-5800-5304.JPG

その後、天理線に臨急でやって来た5804F

240427_02-5800-5804.JPG

ここでの撮影は終了し、折り返してきた5804Fの平端行きに乗車して平端駅から八木方面へ移動したのですが...
5804Fは天理線往復し、西大寺行き急行の運用後、入庫となった様です。

午後のニュースを見て、5804Fが”あんな事”になっているとは...驚愕。

シャトル便HM

塩浜での鉄道まつりは、今回塩浜会場のほか白塚でも会場が設定され両会場~四日市駅の臨時のシャトル便が運行されるとのことでHM掲示も告知されていました。
名古屋線では臨時列車などのHM掲示は車内からのものが多かったので、今回のシャトル便にちょっと興味をもちました。

240420_01-2800-2915.JPG

今日見たのは2815F使用の4連で貸切扱いでした。
名古屋線4連車の設定は個人的には名古屋側の”顔”が見られるので嬉しいです。

240420_02-2800-2815.JPG

専用のHMも車外掲示でしたが残念ながら大型のものではありませんでした...ま、そうでしょうね。

被写体よりも

親ページで失敗作写真集を掲載しましたが、ほとんど被写体(電車)がブレてたり、逆光で真っ黒になってたり、構図が変(小さすぎなど)というのが大半...。
ただ、それゆえ結構被写体以外の周りの情景がきれいに映っていたりするのもあるんですよね。

八木駅で撮影した1488F、夕暮れで逆光のため真っ黒になってますが、露出があっている当時の八木駅北側の情景がよく分かります。
立体駐車場もなくビルやバス、乗用車が当時を偲ばせてくれますよね。

240413_01-1480-1488.jpg
 >> 【1980年12月 八木 1488F】

八木西口と八木駅間の踏切で撮った900系、被写体はブレブレでも後方の「ニチイ」が懐かしく夕刻の賑わいが感じ取れますよね。

240413_02-900-962.jpg
 >> 【1980年12月 八木西口~八木 911F】

43回前の春

陽気も良くなったので、久しぶりに元地元最寄り駅に行ってしばらく「さくら号」などを撮影してきました。
早朝にもかかわらず、橿原神宮前駅から出発する吉野行きは通勤電車顔負けの混雑ぶり。

そういえば、「さくら号」を一番初めに記録をしたのは何時だったかな...と思って探してみると。
メモに日までは表記してませんでしたが1981年4月の橿原神宮前駅の記録が出てきました。
もう43回前の春なんですね。

02219-6106.jpg

夕刻の上り運用で、太陽ももう西に結構傾いています。
家にあったオリンパス35DCで撮影したもの、ズイコー40mmのレンズにフルオートだったのですが、このフルオートが移動する電車撮影には曲者で...。

出発する「さくら号」も撮ったのですが、ピントを合わせるだけで精一杯(ボケてますが^^;)、逆光ボタンを押すこともできずシャッタースピードは明るさに応じて長くなる始末。

02220-6011.jpg

真っ暗ブレ写真になりましたが、今見ると良い思い出です。

世代交代差

大阪メトロ中央線の20系が先日運用を終了して既に解体搬送されたそうですね。
2月にまだ近くで見たことがなかった400系を撮影に行ったときに偶々遭遇した20系を記録できて良かった。

240331_01-20-2906.jpg
 >> 【2024年2月10日 九条 2602F】

近鉄で言えば大阪メトロ20系の同世代車両は3200系辺りでしょうか。

240331_02-3200-3101.JPG
 >> 【2018年3月3日 宮津 3101F】

個人的には3200系は近鉄内ではまだまだ新しい(?)分類で、まだまだこれからも走り続ける車両のイメージです。
大阪万博の影響や車両保有規模の差もあるとは思いますが、会社によって車両世代交代差って大きいですね。

まさか

まさか”左側”の方が先に離脱してしまうとは...

240324_01-1826_2004.jpg

定期運行終了

早いもので、定期運行終了日はあっという間に来てしまいました。
ということで、その姿を見ておこうと...

まずは、「さくらライナー」定期重連運用。

240315_01-26000-26402_26101.jpg

16008F定期運用。

240315_02-16000-16008.jpg

この日の「ありがとうY08Y51編成ツアー」、旧行先表示プレートが掲げられました。

240315_03-16000-16108.jpg

いや~、やっぱり運用開始から身近な存在だった車両が見れなくなるのは寂しいですね。

見納め

幼少の頃から身近に見ていて、親近感があった16008Fもいよいよ定期運用終了が迫って来ました。
先日、「さくらライナー」が検査入場している際、朝の橿原神宮前駅に行ってみました。

留置線には16008Fと16007Fが待機。
日常的に見られたこんな光景ももう見納めかもしれませんね。

240310_01-16000-16008_16107.JPG

この日16008Fは、橿原神宮前7:34発の特急に充当、7番線に入線後吉野からやって来た16400系を後ろに増結して6連で出て行きました。

240310_02-16000-16008_16107.JPG

昭和のスタイルを残す16000系、時代の流れで仕方ないこととはいえ、第一線から消えていくのは寂しいですね。

あの塗装は?

先日今里駅で次々にやって来るシリーズ21の車両を何気なく見ていたのですが...

そういえば、一時期黒色に塗られている前面窓のシール部分(?)が車体同色のグレーに塗られていたものがあったのを思い出した。
窓下の黒色部分と端面がズレてしまっているので何か不細工やなあと思っていたのですが。

240217_01-9820-9724_5820-5351.JPG
 >> 【2014年3月29日 今里 → いや~10年経っても全く今と情景が変わらんですね】

そんなことも忘れていたら早10年(はや!)、気が付けば全車元の黒色になっていますね。
あの塗装は?...理由は不明です。

【追伸】
これも忘れていたんですが、気が付けば親ページを開設して25年が過ぎた様です。
自分でもよく続いたと思ってますが、このブログとともに画像主体で運用していたこのページも情報化時代の昨今ではそろそろ引退も考える事があるのですが...というか、自分自身の継続意欲がどこまで続くかという事でしょう。

ダブルショック

いつかは”その日”が来るのは分かっていたものの...ダブルで来るとは。

16008F定期運行終了。
240212_01-16000-16108.JPG

さくらライナー重連運転廃止。
240212_02-26000-26102.JPG

どちらも去ってゆくショットを並べてみました。

またまたレア編成

去年6月に開催された「うまいもん列車」、2423F+1267Fの「お魚図鑑」+「とばしまメモリーなみの章」の編成で話題になっていました。
昨日今日の2日間、再び「うまいもん列車」のイベントが開催され、今回はとばしまメモリーがうみの章となり1268Fの出番となりました。

240204_01-1230-1368.JPG
240204_02-2410-2423.jpg

前回同様、モ1268の連結面車内からク2523を撮りたかったのですが、ク2523が着ぐるみキャラクターの控室になっていたようで、窓にも目張りが...

240204_03-2410-2523.JPG

キャラクター撮影会もあり、盛り上がっていました。

240204_04-1230-1368.jpg